Heat

断熱について

一年中、快適に暮らす。
そんな当たり前をSENSEの家はカタチにします。
また断熱は節電や温暖化対策にもつながり、
財布・地球にやさしい住まいです。
01

吹付断熱

直接吹き付けることで、木材の変化にも柔軟に対応でき、お家の気密性を高めることができます。

1

硬質ウレタンフォーム断熱

高性能で環境に優しい断熱方法

SENSEでは、「吹付発泡による硬質ウレタンフォーム断熱」を採用しています。
従来の繊維系断熱材(グラスウール等)と比べ隙間ができにくく、断熱性能も高く、長期間安定した性能を発揮し、シックハウス症候群等の原因物質を含みません。
当断熱材は、従来のフロンガスなどを使った物ではなく、身体にも環境にも優しい「水」を使用して発泡させる高性能な仕様となっています。
また、隙間なく行き届いた断熱材は、屋外の騒音や屋内から外への音漏れを防ぐなど、高い吸音性能を発揮します。
「吹付発泡による硬質ウレタンフォーム断熱」は従来のグラスウール等の繊維系断熱と比べ高い断熱性能を長時間維持できます。

夏は涼しく冬は暖かい

外気との無駄な熱交換がないので
家中快適な温度をキープします。

地球に優しい

フロンガスを一切使わず水で発泡した
環境に優しい断熱材です。

健康で安全

シックハウスの原因とされる
ホルムアルデヒドを含みません。

家計に優しい

高い断熱性能により
冷暖房を削減できます。

結露に強い

家の大敵である結露を防止します。

中も外も静か

外部の騒音や内部の生活音の漏れを
シャットアウトします。

躯体の変化に追随

発泡時、躯体に接着するとともに
断熱材が柔軟な仕様により
躯体の変化に追随します。

様々な形に対応

現場で吹き付け、数十倍に
発泡することにより様々な形にも
隙間無く断熱材を形成します。

2

断熱性能の比較

「吹付発泡による硬質ウレタンフォーム断熱」と「繊維系断熱材」の断熱性能の比較

繊維系断熱材は、断熱材と構造材(柱・土台)のわずかな隙間から冷気が壁内に侵入しているため、温度差が大きくなります。
吹付発泡による硬質ウレタンフォーム断熱は、構造材(柱・土台)に接着するため、冷気の侵入が無く温度差が小さくなっています。
繊維系断熱材
(グラスウール等)
温度差3.6度
吹付発泡よる
硬質ウレタンフォーム断熱
温度差0.9度
02

全棟長期優良住宅仕様相当

将来の維持管理、メンテナンスの容易さまで。様々な視点から「住みやすさ」を追求しました。

1

高気密・高断熱を標準装備

SENSEでは、高気密・高断熱仕様を採用しています。
屋根裏にはアスファルトルーフィングと外壁面には透湿・防水・遮熱シートを施工し、床下には高密度断熱を施工しています。
そうすることで、外気の寒暖の差に影響されにくくなり、従来より少ない光熱費で冷暖房が利用できます。
また、一般的な木造住宅において「熱ロス」の多くを占めると言われる窓には、断熱に優れたサッシを採用。
断熱効果だけでなく紫外線のカットや防露・防音にも高い効果を発揮します。

2

長期優良住宅の認定基準

長期優良住宅とは、欧米諸国と比べ極端に短い日本国内の住宅寿命を改善し、「長い住宅をつくって、適切なメンテナンスを行い、長く利用していく」ため、2009年に国が定めた認定基準をクリアした住宅のことです。
認定されるためには下記の項目を満たしていることが必要となります。